FC2ブログ

★Jonny Greenwood 『Bodysong』 2003

BodysongBodysong
(2004/02/24)
Jonny Greenwood、Jeremy Brown 他

商品詳細を見る

Radioheadのギタリストの初ソロ作。Radioheadの活動においてギタリストという枠にまったく収まらない役割を果たしているだけに、しかも人体を題材としたドキュメンタリー映画のサントラということで一筋縄ではいかない作品です。

Radioheadの『Kid A』『Amneasiac』というロックバンドの手法を無視した傑作の後のリリースだったのでいわゆるギタリストがソロで歌ってみましたみたいな作品は予想してませんでしたが、ここまで異様な作品を作るとは。。

弦楽器とか管楽器とかエレクトロニックな効果音とか様々な要素が現れては消える相当変態な内容です。

実験音楽っていうと高尚で難解なイメージですけど、実験だけでは聴いててつまらないだろうし、曲として成立してるかどうかって判断は色々だろうし難しいんですけど、このアルバムは自分の中でギリギリのエクスペリメンタルかなあと。まあ細かいことよく分からないけどなんかこれかっこいいってことです。すいません。。

ぼーっと聴いてて不意に気になるフレーズが飛び出したりして、その意外感が心地良いんですよね。

この曲が一番まっとうにかっこいい曲かな。Jazzですね。このベースとドラムかなりキテます。↓



唯一この曲だけギターソングと言えるかな?↓



言えないか。。でもこの曲一番好きなんです。この曲のベースはジョニーの兄コリンです。

ジョニーの最近のサントラ仕事はオーケストラがメインですね。やっぱり『Bodysong』の変態っぷりが好きだなあ。


iTunesはこちら。↓
Bodysong (Soundtrack from the Motion Picture) - Bodysong & Jonny Greenwood



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

記事カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR