FC2ブログ

Passed Me By / We Stay TogetherPassed Me By / We Stay Together
(2011/12/03)
Andy Stott

商品詳細を見る


聴く前からこれ絶対好きだよなってわかる時ありますよね。レビューやジャケとかで何となく。ようやく聴けたAndy Stottのこの作品、どストライクでした。

薄暗くてメロディアスな要素がほとんど無くてビートも控えめ、アンビエント的でもあり深海を漂うようで宇宙遊泳のような?ぼーっと聴いてて心地いいし、集中して聴いても面白い。

乱暴にいうとBurialの音色を全部柔らかくしてテンポ落としたような?

これといったキラーな曲とか無いんですけどね、繰り返し聴いてて飽きないんですよね。強いて1曲貼るならこの曲かな。



~好きにオススメとかも言いづらいし、あんまり人に「これヤバイから聴いてみて」と薦める感じでも無いんだな。CD屋でも売りづらいアイテムだろうな。でもちゃんと日本盤出てるし、CDは2枚のEPがまとめて聴けてボーナストラックも入ってて全曲良いんです。


iTunesはこちら↓
Passed Me By - Andy Stott
We Stay Together - EP - Andy Stott



スポンサーサイト



faltydl.jpg

ここ数日FaltyDL(フォルティー・ディーエル)ばっかり聴いています。気になりだしたのはThe xxのリミックス聴いてからだったかちょっと忘れましたが、EPというか12インチを何枚か聴いたりYouTubeで聴いてすっかりハマりました。Dubstepなのかどうかよくわかりませんけど、Kode9とか好きな人はハマるんじゃないかなあ。アルバムも出しているので今度買って聴いてみます。

色んな引出し持ってる人で作品によって結構作風が違って面白いんですよね。





この2曲の対比が結構面白いかも。上の「Hip Love」はすごくファンキーなリズムに特化していてホーンとかヴォイスサンプルとかの最小限の味付けでとにかく躍らせるトラック。下の「Regret」はダークなシンセにインダストリアル気味のリズムトラックが徐々に熱を帯びていく展開にゾクっときます。この2曲同じ人とは思えないなあ。いやあどちらもかっこいい。

色んなレーベルから12インチ出していて、コンピ収録や他アーティストのリミックスなどかなりひっぱりだこ状態のようです。11月に出る新しいEP『Atlantis』はNinja Tuneから。HPで試聴したらこれまた良さげな4曲入り。目が離せませんですな。

イギリスのレーベルからのリリースが多いのですっかりイギリス人かと思ってましたが、NYのクリエーターって紹介されていてビックリしました。アメリカにもこういうセンスの人いるんですね。この間RadioheadがNYでライブやった時、Four Tetが前座でしたがFaltyDLもやってたみたい。日本でこんなの一生観れないだろううなあ。。


iTunesはこちら。↓
Endeavour - EP - FaltyDL
Hip Love - Single - FaltyDL
Hotflush Recordings presents… BACK AND 4TH - Various Artists




Wander / WonderWander / Wonder
(2011/08/20)
Balam Acab

商品詳細を見る

噂のWitch House!と言ってもWitch Houseなんて言葉は知らずにジャケットが気になって試聴して買いました。Witch Houseとはチルウェイヴから派生したダークウェイヴと同じ感じなのだそう。暗くて魔女っぽいチルものってことでいいのかな。まあジャンル分けって気にしてる人あんまりいないですよね。

アメリカのエレクトロニックってあんまり気に入ってる作品無いんですけど、Balam Acab(読みはバラム・アカブ)は綺麗な旋律が連発でウットリしてしまました。すごく伸び伸びした作品です。James Blakeのアルバムもそうですけどフロアを意識してないエレクトロニックな作品は面白いですね。躍らせることを念頭においてないからより自由な発想が楽しめるというか。ストリングス入れたり効果音なども実にエレガントな音色で統一されています。こういう上品なアレンジが目立つところはシガー・ロス好きな人にアピールしそうです。

3曲目「Motion」↓



もはや定番?の加工ボーカルはこのアルバムでも活躍しています。この流れはしばらく続くんでしょうか。あと短いアルバムも最近の流れですかね。この作品は8曲で36分ちょい。アルバムとしてトータルで聴かせることにこだわった結果短くなってるのかな。どうなんだろう。

とにかく曲単位というよりアルバム1枚でまとめて1曲みたいな感じで聴いてとても心地良い作品です。すごく完成度が高い作品だと思いますが難点を挙げるとすれば綺麗すぎるところでしょうか。もっとビートで野蛮というかヤンチャな感じとかあってもいいような。。完全に好みの問題ですけどね。Jamie xxがぱぱっとリミックスしたら面白いんじゃないだろうか。


iTunesはこちら。↓
Wander / Wonder - Balam Acab



From Here We Go SublimeFrom Here We Go Sublime
(2007/04/03)
Field

商品詳細を見る

Yesterday & Today (Dig)Yesterday & Today (Dig)
(2009/05/19)
Field

商品詳細を見る

10/19に3rdアルバムをリリースするThe Field。1st『From Here We Go Sublime』、2nd『Yesterday & Today』ともに素晴らしい作品です。

僕が最初に聴いたのはThom Yorkeの「Cymbal Rush (The Field Remix)」でした。Thom Yorkeのボーカルを完全に切り捨ててコード感を強調したリミックスで美しすぎる逸品です。徐々に熱量が上がる展開がたまりませんです。↓



これ聴いたらオリジナルも聴きたくなるってもんです。
1stも2ndもシンプルで上品、かつピークポイントもしっかりある作りで聴きごたえありです。ループ感が心地よくトランス状態にもってかれます。コードチェンジのタイミングが絶妙なところも好きです。シューゲイザー好きにもおすすめのエレクトロニック。

お気に入り曲は1stの「Silent」↓



2ndのタイトルトラック「Yesterday & Today」↓



↑この「Yesterday & Today」にはBattlesのドラマーJohn Stanierが参加。曲は3部構成みたいになっていて、最後のパートでJohn Stanierのドラムが炸裂しまくります。ベースラインと絡み合いが最高にいかしてます!

以前の来日公演行かなかったのは今でも悔やまれます。バンド形式のライブで評判良かったような。

3rd『Looping State Of Mind』は10/19日本先行リリース(ボーナストラック収録予定)。また来てくれるかなあ。


iTunesはこちら。↓
From Here We Go Sublime - The Field
Yesterday and Today - The Field

Thom Yorke「Cymbal Rush (The Field Remix)」はこちら。↓
Harrowdown Hill (The Bug Remix) / The Clock (Surgeon Remix) / Cymbal Rush (The Field Remix) - EP - Thom Yorke



EndtroducingEndtroducing
(1996/11/18)
DJ Shadow

商品詳細を見る

当時は、何だコレこんなカッコイイ音楽があるんすか、と驚愕。
個人的に90年代で最も挑戦的に思えたのはDJ Shadowです。
ドラムの音に注目(耳)したのってコレが初めてかも。リズムの面白みに気付いたというか、グルーヴという言葉を理解できたような気がしたもんです。何か少し大人になったような感じっすか。

全部サンプリングらしいんですけど、何か独特の揺らぎが感じられてそこが良いんすよ。
特に3曲目『Number Song』をやたらと聴いてました。



DJ Shadowの登場はロック寄りのリスナーがかなり反応したんですよね。
HIP HOPなんてろくに聴いたこと無かったけど、これはラップは入って無いし、やたらダークな雰囲気だし妙に引き込まれました。
今だとポストロックとか聴き慣れた人には、またちょっと違うものとしていいんじゃないかな。

これは1stだけど、2ndもなかなか。シングルで出た『You Can't Go Home Again』は死ぬ程カッコイイ。↓



この曲はもうHIP HOPというか、Radioheadがファンキーなインストやりましたみたいな曲で最高です。


そしてフジロックのライブで最高の盛り上がりをみせた名曲『High Noon』も忘れちゃいけません。
これはたしか12インチを編集したアルバム『Preemptive Strike』収録。



3rd『The Outsider』はゲスト・ラッパーとかよんで結構ガラっと作風が変わってます。あんまり聴いてませんです。。

もうじき新作&来日ですね。新作どうなんでしょう。少し不安。


『You Can't Go Home Again』収録の2ndはこちら。↓
Private PressPrivate Press
(2002/06/04)
DJ Shadow

商品詳細を見る

『High Noon』収録はこちら。↓

Preemptive StrikePreemptive Strike
(1998/01/13)
DJ Shadow

商品詳細を見る


iTunesはこちら。↓
Endtroducing... - DJ Shadow
The Private Press - DJ Shadow
Preemptive Strike - DJ Shadow
記事カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR